ここから本文です

シルバーエッグ・テクノロジー、見込み顧客可視化ツール 『プロスペクター』にLINE配信機能を追加 ~ 配信対象を厳選し、コストパフォーマンスの高い広告配信を実現

シルバーエッグ・テクノロジー株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長&CEO:トーマス・フォーリー、東証マザーズ:3961、以下 シルバーエッグ社)は、2019年4月18日、人工知能(AI)技術を用いた見込み顧客可視化ツール『プロスペクター』に、LINE配信機能などを追加した新バージョンをリリースいたしました。

見込み顧客可視化ツール『プロスペクター』は、顧客の購買履歴などの行動データをAIが分析し、特定の製品に対して「親和性の高い顧客(プロスペクト)」を抽出、リスト化するツールです。今回のバージョンアップでLINE配信機能が実装されたことにより、ECサイトなどの事業者は、特定のアイテム(商品)に興味を持ちそうな顧客だけを一定数抽出し、自社のLINE公式アカウントを通じて広告を配信することが可能になります。