IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>217

世界初、人工光合成により100m2規模でソーラー水素を製造する実証試験に成功
―ソーラー水素の安全な製造と分離・回収技術を確立、大規模化へ前進―

2021年8月26日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
人工光合成化学プロセス技術研究組合

NEDOと人工光合成化学プロセス技術研究組合(ARPChem)は人工光合成システムの社会実装に向け、東京大学、富士フイルム(株)、TOTO(株)、三菱ケミカル(株)、信州大学、明治大学とともに、100m2規模の太陽光受光型光触媒水分解パネル反応器(以下、光触媒パネル反応器)と水素・酸素ガス分離モジュール(以下、ガス分離モジュール)を連結した光触媒パネル反応システムを開発し、世界で初めて実証試験に成功しました。