IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

自社サービスやテクノロジーに関する受託を立ち上げ初期に敢えて受けて、会社に本業に資する資産を蓄積しながらマネタイズできるまでの期間を過ごす。黒字を確保しながら種を巻く。

2024/9期には売上250億円、営業利益50億円 + α を目指す。
①既存事業成長②先行投資費用増加
③先行投資の果実獲得、のバランスを取りながら収益を拡大させていく。
当面は先行投資による費用増加の影響が見込まれるが、既存事業による収益拡大は続く見込み。
3年間の先行投資が一巡した後には利益水準は回復し、CAGR40%前後での利益成長ラインとなる見込み。

↑これを裏切ったら売る。
少なくとも23年予想から見えてくる。
クラウドインテリジェンスは指数関数的に爆発するタイミングが来るから、そのときにJCしてくれ。