ここから本文です

PKSHAは、アルゴリズムのみだけでやっていく時代は終わり、これからは価値があるのはデータだということに気づいている。価値あるデータを制する者が世界を制する。

PKSHAの深層学習関連アルゴリズムは、切れ味の鋭い道具。
この道具を使って、センサー及びアクチェーターを通して得られたデータから
新たな価値を作り出していく。

このビッグデータを得るための社会実装が、MONET コンソーシアムへの参画と、MaaS革命への参入。

「AIの社会実装」最新事例と今後の課題  上野山×松尾×田中×草野
youtube 2019/3/31
にて、日本ディープラーニング協会理事長の松尾氏は、
【先ほどのロボティックスの話と関係しているんだけど、ワールドモデル、世界モデル、あるいは内部モデルとよばれるような環境の情報を構築する、要するにセンサーデータ・アクチェーターのデータだけから例えば世界が3次元構造だということ見つけ出すようなアルゴリズムというのが使えるようになってきて、そしてロボティックスの分野なんかで非常に大きな進展があるんじゃないかなという風に思っています。】

と述べている。MaaSは、三次元の世界モデルが要求される深層学習アルゴリズムの打ってつけの社会実装の一つ。
 
これからのAI企業の本格競争は、無限に存在するデータの中からいかに価値あるデータを得るかにある。PKSHAは、Society5.0社会を先導する有力企業。

3993 - (株)PKSHA Technology PKSHAは、アルゴリズムのみだけでやっていく時代は終わり、これからは価値があるのはデータだというこ