IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

AIのパークシャ、膨らむ「のれん」 問われる相乗効果

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2335H0T20C22A5000000/

売上高は上場時から大きく伸びた。17年9月期に9億3400万円だった連結売上高は21年9月期に87億円と9倍超に拡大。22年9月期は前期比38%増の120億円を見込む。一見順調に見えるが、利益の推移に視線を転じると異なる風景がみえる。

17年9月期の営業利益は3億9500万円に対し、21年9月期は7億1300万円と増加率は2倍未満だ。売上高営業利益率で見ると、42%から8%まで急減した。複数の要因があるが、主因はM&Aに伴うのれんの存在だ。