IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

売上高(単位 百万)
結婚関連事業 463
不動産関連事業 215
金融関連事業 103
メディア事業 78
その他 61

やはり結婚関連事業の会費婚等のサービス部門はまだまだ厳しい状況のようですね。
売上YoYで結婚関連事業以外は全て増収になってるのは2Q以降も引き続き期待できそうですね。
結婚関連事業もQoQでは一応増収にはなってます。
ただ2Q(1月〜3月)は緊急事態宣言出てますから結婚関連事業の会費婚等のサービス部門はまだまだ厳しそうですね。

資産の部
販売用不動産14億2,518万1,000円
おうちのくふう
10-12月の販売実績(2件)における平均在庫回転期間は96日、粗利益率は16%

1Q終了時点で売上高進捗率14.8%でしたが、1Qはおうちのくふうの買取再販物件の売上は2件7,000万円弱のようですので、おうちのくふうの在庫金額8億円強とSSIの約7.3億(多分軽井沢の3軒の物件?)が今期中(1月〜9月)の売上になれば、不動産関連事業でオウチーノと合わせて売上20億近くはいくのではと期待しています。
くらすマッチの利益率もかなり良さそうですね。

売上どれぐらいなのかは開けてみないとわかりませんが、2Qからキッズスターが連結されます。

やはり一番のポイントは結婚関連事業が3Q(4月〜9月)以降どれだけ回復できるかになってきそうですね。

あとちょっとした事ですけど、利益剰余金が前四半期-5,100万から5,800万のプラスになっていますね。