ここから本文です

目論見書は人に聞く前に、投資家ならば一度は目を通すのが当たり前。そこから自分の投資の意思を決めること。投資する、投資しないは、自分の頭で決める。結果、利益も損失も自分で考えてこそ納得がいく。