ここから本文です

野村証券が9月28日付で目標株価を 1600円 → 2000円に引き上げていますが、
僅か1カ月後には会社は、受注の後ずれで通期下方修正を決めています。
野村証券は、これを把握していなかったのか、それとも受注ずれであって、事業内容
に問題あるわけではないと判断してなのか。
どなたかが、野村は空売りを仕掛けていると指摘していますが、野村は投資家をあざむい
ていたということなのでしょうか。どちらが本当なのか知りませんが・・・
私は、信用買いの投げによる下げだと理解しています。