ここから本文です

随分と昔の話です
私が120%の愛をもって大量に仕込んだボロ株は下がり続けました
それでも会社を信じて鬼ホールド、しかしその愛を裏切りように深夜に開示される悪材料
猜疑心が生まれ、倒産の恐怖が心に重く圧し掛かります

早い話が私は握ってはいられなかったのです
恐怖に駆られ長い間ホールドしていた株を全て損切りしてしまいました
その後も株価は下がり続け、それをみて思いました
「助かった。自分の判断は正しかったのだ」と

ですが、状況が一変するのです
あれほど弱かった糞株が意味もなく反発を始めました
私は思いました
「あぁ、いつもの騙し上げだな」と
いつも底を打ったかのようにして、結局はそれ以上下がる
それがこの糞株のお決まりのパターンだったからです

ですが不思議なことに騙し上げのはずの株価は更なる上昇を続けます
本当に意味が分からない
チャート的にも全ての買いのシグナルは消えており
それどころか誰もが知っているような売りシグナルが多数点灯しているのです
全ての支持線が割れて移動平均線も下向きテクニカル的に買える要素は何も無い
しかも直近では深夜に悪材料がコッソリと開示されとても胡散臭い

いつ資金ショートして倒産してもおかしくない
そんな株が、事実上がり続けている
結局、そのボロ株は私が売った価格から10倍以上に上がりました
まさに「アンタが売ったソコが底」状態

私は大いに落胆し自分を責めました
「もう株なんて辞めよう・・・」

と、全てに絶望したその時です
雷鳴が轟き天地が裂け光臨が差し込んだその先に天使が現れたのです
天使は言いました
「枯れ木に花を咲かせましょう」

後に私が信者として教えを請うことになる、ひげめがねさんとの出会いでした

                            つづく