ここから本文です

>>153

こちらも、4月にここに投資をして1000円強で買って、株主しになりましたが、
そのあとは何もせずに見ているだけで1800円台になってここが一番投資成績が良い結果になっています。上期の配当金も増配で受け取りました。

昼寝して見守っているだけで8割以上の投資成績の向上で、配当ももらえました。最高度の外資系のhf等の金融のプロの成績以上の時価総額上昇です。ありがたいことですね。パイプド社に感謝。

最近の堅調な利益増大と、積極的な新製品発表を含めた事業展開の状況では、恐らく今月中に2000円台に到達するでしょうね。

12月の第三四半期決算の発表を含めた年末から新春の頃には、3000円台に向けての水準訂正の動きが起きているはずです。

最近の日経新聞、11/6の記事で、
またまた

大化け株 ワークマン発掘

投資aiと人間 特集

として、プロ投資家等が当てた今年最大の大化け株になった、との内容の記事が出ていました。日経もこれで3回目のワークマンを取り上げていますが、よほど好きというか、それしか知らないというか、、、レベルが低いですね。

そのパフォーマンスを、1月の900円代で比較すれば、パイプド社はすでに今年2倍以上になってワークマンを抜いています。
恐らく、この勢いでは、さらに株価は、今年度上昇して引き離すでしょう。

株主として、パイプド社の社会貢献事業を応援しながら配当をもらって、
今後の発展を楽しみに見守るだけです。