ここから本文です

>>129


確かに、市場が徐々にこの企業の事業の魅力と将来性に気付き始めてきたと感じますね。

事業の根幹が、現在のビジネスの潮流である、クラウド活用のデータ情報管理プラットフォームを土台にして スパイラルが柱で展開をしている。

日本最大のクラウドプラットフォーム企業として、民間に対しては当然として、官公庁、地方公共団体にビジネスを展開していることも強み。

最近は、マイナンバーカードを利用した公的個人認証サービスのプラットフォーム事業者として、そむ大臣の認証を取得している。

また、総務省か経産省のどちらかで、マイナンバーカードの普及を兼ねてそれを栄養したポイント制により購入しステを検討の報道が先週された。

このタイミングは、偶然ではなく、先行して着々と事業の布石を先行して進めていると考えるのが自然です。

また、今日11/10の日経新聞では、p1の紙面で大きく、

全省庁にクラウド

の報道記事が出され、クラウドシステムを全面的に採用を本格化することが報道された。

この会社の事業そのものが、まさに国策と一体化している事業ビジネスであることが、鈍感なビジネスマンでもわかるはずです。

今後の急展開に目がはせません。