IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

今日のヒートは、リクルートと柳橋氏の緻密な布石取りですね、

上髭だけど、2番天井上抜き、こうしてチャートを作っておかないと、一旦崩れた
チャートを復元するには、莫大なエネジィーが必要となるし、調整が長引く。

恐らく、両者には3Q~期末までにカオナビの、タレント分野シェアー取合戦に
一筋の光明を見出し、次のステージを描いているのだろう。

カオナビの戦っている分野は、競合も多いが開拓余地が90%もある。
今後、カオナビが何十%のシェアーをとるかは、未知数だが今の【数倍】の売り
上げを掴むことは間違い無い。
ここが、カオナビが市場から将来性を買われている一番の要因だ。

CEOは、3年位はTVC.M.等による認知度UP~マーケット開拓が最も合理的
だとかたった。       (日経ラジオCEO対談 一部投稿者の私感含む)