IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

昨年11月半ばに3,500円付けてからほんの数日で2,200円まで下げ、その時保有してしまった株主が今もわんさかいる。
少し上がれば売られるのは当然。
社長は株の動きにあまり興味は無いみたいだが、業績は伸ばして結果は出している。
この結果を各業務担当が更に業績の維持、発展に寄与すべき鋭意努力しているとは思うが、いかんせん知名度が無い。
知らないから新規の株主も来ない。
企画対策部は会社のサービス、目的、マーケティングプランといった当社の「売り」をターゲットに広く認識させてもらいたい。
当然広告費はかかるが、売上拡大、知名度アップ、良質な資金確保に繋がるものと理解出来るので、会計上、収益に対する効果的支出となり、費用収益対応の原則にも合致する。

現状では、朝の9時に上がっても9時1分には大量の売りで、いつまでも同じ事の繰返しを見るだけのような気がする。

経営者はいつまでも株価にはあまり興味無しでは駄目です。今は売上、利益の確保に全力で邁進しているのは大変良くわかりますが、この辺で株価対策にも目を向けて頂きたい。

社長もこんなに努力しても殆ど誰も知らない会社では良いはずないでしょう。人材も集まりません。
この会社がこんな低評価であるはずがない。
表現力が足りないから損してる。
優良な会社がここにある事を多くの人に知らしめて下さい。
よろしくお願いします。