ここから本文です

特定株比率が高い
社長が元野村証券出身で相場に詳しい事
需給バランスが良い銘柄である事
上場後通期決算が出ており機関投資家の投資対象になり得る事
広告収入の会社であり、何も事業投資が無ければこのような決算にはならないし、次の事業展開には納得性がある支出である事
定期的なM &Aセンターの会長とのセミナー開催
セミナーでの社長の性格、負けず嫌い
価格帯別売買動向が6500円から7000円である事
現金資産をしっかり増やせている事
以上より今回の決算発表は仕掛けの可能性が高い気がします。