IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

やっぱり、時代の流れに乗っていく企業が一番。

豊田通商の子会社とのアジア太平洋諸国での、拡販協業強化の2月のIR。
ジジババばかりが増え、若者は少なくなる一方で人口減の道をひた走る日本は、当然のこととはいえ消費は頭打ち。日本企業はアジア太平洋諸国へ活路を見出さなければならないのは自然な流れ。

ということは、日本と諸外国を結ぶクラウド活用が多くなるということ。
利に敏い商社の、このような流れに対しての先鞭をつける動きだと思う。

ここは地味というか、存在自体が影の薄い黒子みたいで、誤解されやすい業種だけれども、ITインフラの一翼を担う超有望企業だと思う。

4475 - HENNGE(株) やっぱり、時代の流れに乗っていく企業が一番。  豊田通商の子会社とのアジア太平洋諸国での、拡販協業強