IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

想定して市場に参加するようにしている。
想定して「含み損」を抱えるようにしている。
その値段ならばお手頃であり「想定範囲内」という理解である。
銘柄が動きだしてから、入る投資家は、かなりの辣腕である。
動き出してからでは、機関投資家の右往左往に耐えなければならない。
この右往左往は、資金力がある投資家であれば良いが、なければ辛いものである。
とにかく、売り枯れの状態がチャンスなのである。
抱える含み損も大したものにはならないからである。
しかし、多くの投資家、上昇相場しか経験できなかった投資家は、これに耐えられない。すぐに含み益を求め、損切り貧乏となっていくものである。
自身で選択した銘柄で、含み「駅」に辿り着く前に、含み「村」から脱出できなくなる。
投資は、ギャンブルではないのである。
徹底した調査と個別銘柄への選択で、本当に花が開くのである。

低い位置で買い、高い位置で売るだけのことである。
しかし、その低い位置すら計算できないので、さらに下がると待っている人が大勢。

攻めるということを知らない、いや、出来ないのである。