ここから本文です

湘南さん 貴重なお話し ありがとうございます。

『 だって 俺の勤め先、イーソルのHPの取引先に上がっていて 付き合いあるけど・・・。 社員は冴えないし、給料は安いし、良い人材は集まらない。 そんなに大化けするか あの会社が? 』



公開前からイーソルに注目しており、ちっちゃな財布しか持っていない公開時からのホルダーですが・・・

イーソル成長のポイントは エンジニアの数と質と思っています。
しかし 社員の自社株保有額が多すぎて(個人的見解) 近い将来、株価が上がれば上がるほど人材の流動化に繋がる可能性があります。 又、これから入社される社員と自社株資産格差が大きすぎて、ギクシャクするのでは・・・。

視点の鋭い湘南さんの ご見解を 差し障りのない範囲で ご教授いただければ感謝です。

ご承知でしょうが ご参考までに保有状況は

社員の保有状況(2018.6現在 4分割後に換算---今の発行済株数2146万株)

従業員持株会----------------------476万株ーーー22.2%
持株会以外の従業員持株-------240万株ーーー11.2%(公開時目論見書より)

従業員合計--------------716万株ーー時価評価 130億円(7.11株価1820円)

その他
役員の保有状況
役員、役員の持株会社2社---------534万株ーー24.9%
時価評価 97億円



とりあえず以上