IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
12

ich***** 強く売りたい 2019年5月16日 08:07

国内市場について、ある程度メルカリ優位が続くとみている。人生の負け組である非正規雇用労働者たちへの認知度は高く、しかも所得格差が広がるだろうから、非正規雇用労働者は当分の間使い続けるだろう。

やはり、問題は海外市場。当期の海外事業の大幅赤字はある程度許容できるにしても、 成長のシナリオは全く描けていないまま現在に至っている。しかし株価は、北米市場での成功を一定程度織り込んでいる。

アマゾンと比較する輩もいるが、それはアマゾンに失礼。アマゾンには確固たる成長戦略と、それを貫徹する経営者の強い意志と能力があった。メルカリの山田氏や小泉氏は、経営者としては幕下レベル。ファイナンスやコーポレートガバナンスの専門家である私からすれば、現在のメルカリの経営陣は、評価に値しない。

メルカリの北米市場撤退は、もはや規定路線である。
株価は、2019年6月決算の株主総会日(多分9月)から
一週間以内に上場最安値を更新する。

何か反論があれば、聞こうじゃないか (笑)

ちなみに、私は公募により購入したメルカリ株を初日5300円で売り、六本木で焼肉を思う存分堪能したくらいだから、個人的な恨みはないことを念のため付記しておく。

山田 一太郎