ここから本文です

光陰矢の如し

♪・学園〜〜〜〜広場〜〜に咲いてる〜花の〜〜
〜〜ひとつ〜ひとつが〜〜思い〜〜でさ〜〜

桜井君は慶応時代・5人で日比谷公園行った日のこと覚えているかしら・・
君が好意を寄せていたしょこたん似のあの子・・
松永さんのこと・・学内1の美人だったやんか・・・
こともあろうに君は直に打ち明けず僕に依頼しただろ?

彼女にそれを伝えたら彼女、なんて言つた思う?
わたし実は桜井君はタイプでなく、反町君しか眼中にないわ!
君思いの僕かて1週間考え悩んだよ、いやほんま・・
全ては髪の毛なんだよ・・・



おやすみなさいませ