ここから本文です

15日はクレディスイスが18,300株を追加し、
モルガン・スタンレーMUFGが8日に106,061株へ減らしていたのに、15日に142,561株へ36,500株を追加。
モルスタは翌日の16日もさらに109,000株追加し、251,561株ですから、2日間で145,500株の空売り増。

ちなみに、この届出は残高の増減のみなので、デイトレード状態のその日のうちに買い戻した空売りは含まれません。

この2日間の出来高を考えると、空売りしたまま買い戻さなかったボリュームでこれだけあると大きな売り圧力。

思ったほど上がらず、今日下落したのもこうした売り方の機関投資家の攻勢によるものでしょう。