ここから本文です

ここの事業に対する将来性が高い(事業が有望)だからこそ、赤字でもクレディセゾンや銀行などが資本参加していたり、社外取締役に豪華なメンバーが参加しているのです。
魅力がなければ、投資もしなければ、参加もしてないでしょうから。