ここから本文です

インターネット企業が仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーン(分散型台帳)関連事業に参入する動きが相次いでいる。スマートフォンゲームのgumiはブロックチェーンと仮想通貨事業に参入。オウケイウェイヴも同事業を手掛ける子会社をマレーシアに設立した。仮想通貨やブロックチェーンを自社のサービスに取り込み、利便性を高める狙いだ。

 gumiは総額3000万ドル(約32億円)の投資ファンドを立ち上げ、仮想通貨やブロックチェーン関連のスタートアップへの投資を始めた。ファンドはgumiベンチャーズ(東京・新宿)を通じて設立し、すでに仮想通貨を開発する米国のスタートアップなど4社に投資している。ブロックチェーンを取り入れたコンテンツの開発なども検討している。