IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>69

企業側ユーザーとしては無用なトラブルは避けたいですから、知名度バツグンのデジタルギフトの正当な商標権利者であるここを使おうという流れになりますよね。