IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です


某自動車メーカーでは副社長人事等の影響で方針転換があった模様。
新規事業PJ部門は機能停止し、ToC向けのサブスク以外の旧来型自動車拡販以外のPJは休眠(?)。
勿論ToB向けのPJ&サービス化も休眠(?)。結果として、傘下の販売ディーラーへの新事業支援も休眠(?)。
※筋斗雲しか武器の無い販売ディーラーの失望は聞こえています。
同業他社メーカーや成長の早いベンチャー企業らも某社の状態を知っており、
このToBのPJやビジネス拡張はこの混乱(新事業停滞)に乗じて群雄割拠か進む模様。
ToB、ToBToC(従業員向け)、CToC、向けの車の新たな価値提供を軸としたオートモーティブビジネスは自動車メーカーやディーラーの本業以外に稼ぎネタとして確実に脚光を浴びつつあり、この事業領域の海の碧さを理解する嗅覚ある企業が勝つと思っています。