ここから本文です

九州新幹線長崎ルートの整備方法を巡り、国土交通省の試算が30日示された。フリーゲージトレインの導入はほぼ絶望的になったが、残る二つの方法から決まるかは不透明なままだ。費用対効果では、フル規格とミニ新幹線で費用に見合う効果があると出た。⬅記事を読むと難しいね。フリーゲージは絶望的だな。去年九州が導入断念の意向を表明した際に、一般の新幹線より車両関連費が2倍かかり、年約50億円の負担増になる。朝日新聞より