ここから本文です

今年の年初にかけ、大幅な下落を演じた米国と日本の株式市場が、急速な反発を演じている。NYダウは最高値奪回から一段高に向かうとの期待も出ている。

幸和製作所は昨日の本決算で、まさかの復配を発表し、V字回復が予想されている。
逆テンバーガーにまで落ちてしまった株価だが、大幅増益期待から急速な反発が予想できるだろう。
自社単独開発中の見守り型介護ロボットも楽しみ。
転倒防止ロボットは産総研との共同研究続け、19年度末にも商用化狙う。

バイオ関連で派手にバクチするのも結構だが、地味だけどスゴい幸和製作所株を買うのも面白そう。
良い地合いの中で、月曜日の幸和製作所がどのぐらい楽しませてくれますか?