ここから本文です

【黒字化】20年2月期は柱の介護事業者向けが前期歩行車を自主回収した影響払拭し、出荷数緩やかに回復。大型店向け歩行車等も手堅く伸びる。人件費、開発費増こなし、営業益黒字化。自主回収特損消える。
【介護ロボット】見守り型ロボットは共同開発を技術上の判断から中止、自社単独開発で再出発。転倒防止ロボットは産総研との共同研究続け、19年度末にも商用化狙う。

話し半分としても、最新春号の四季報を見たら幸和製作所株は買いでしょ。
赤字でなくなれば、そして自主回収特損消えるならば、株価は2500円になっても
良いはず。
ロボットのgoodなIRで、株価は3500円に。
黒字で配当が出るようになれば、株価は5000円以上に。
「たら・れば」じゃしょうがないけど、やっぱ幸和は買いだと思います。