ここから本文です

寿屋というのは秋葉原が所在する関東圏に知名度が偏住しているんだよ。
海外展開以前に、全国にブランド力を浸透させるところから始めなければいけないんだ。
こういう仕事は意外なほど簡単でね、個別IPを全国に浸透させるキャラクタービジネスというヤツの手法が企業である寿屋という会社を売り出すためにそのまま使えるから、外部から支援が必要なんだよ。

それから、どっぷり趣味にはまると庶民でも年間50万くらい普通に支出しているので、寿屋のお客さんが長期的に考えて、今の株価でキャピタルゲインじゃなくて、趣味上のメリットで買うぐらいだと最高だから、てんこ盛り優待で、寿屋の株主であることが、東京チェリーのステータスであるように仕掛ければいいんだ。