ここから本文です

MTG松下社長「ガバナンス甘かった」 不適切会計の疑い

2019/5/14 19:30

中国子会社「MTG上海」で不適切会計の疑いが浮上したMTGは14日、東京都内で記者会見を開いた。
松下剛社長との主なやり取りは次の通り。

――経緯は。

松下氏「5月10日に2018年10月~19年3月期(上期)の連結決算を発表したが、11日に監査法人から現地での追加調査の要請があった。
監査が正式に下りる前の決算発表会見で問題ないと思った。不適切会計の詳細は第三者委員会の調査をもって報告したい」

「先方の倉庫に商品はあり、取引はしっかりしている。(商品代金を)一括で売り上げに計上していたが、監査法人から分割で計上にすべきではないのかと指摘があった」

――疑いをどう受け止る。

「上場してまだ1年たっていない。海外に拠点を増やし管理体制には力を入れてきたつもりだが、ガバナンスが甘かった。経営責任については(問題を)解決して一刻もはやくV字回復を果たしていく」

報告書あがっても責任の所在はうやむやにされそうな感じですね。