ここから本文です

【収益性向上】19年3月期は脊髄損傷患者向け医療用ロボット「HAL」が好調。20年3月期は工場向け作業支援用や清掃ロボットなど収益源の多様化

頼りたいと、人は思うだろう