ここから本文です

(家庭用の着るタイプ)

私がホルダーだった頃は、パソコンが普及し始めた頃の業界の雰囲気を例示して、
「いつか一人一台パソハルを持つ様になる」と、ここに書きました。
今でも、その可能性を完全には否定してないので、株価だけはチェックしてます。
パソコンが急速に普及し始めたのは、
モニターやMS-Officeまで全部入れたWindows3.1マシンの値段が、
40万円を切るくらいになってからだったかな?
私はインターネットが普及する前から、パソコンオタクだったので、当時の雰囲気をずっと見て来ました。

やっぱり普及のキッカケは価格なんですよね。
漢字文化圏の日本国内のパソコン市場がNECの98シリーズの寡占状態だった頃は、
価格が下がらず、パソコンは普及しませんでした。

OADG国際標準規格のDOS/Vマシンが日本語を扱える様になって、
標準規格に準拠している企業は、自由に参入できる様になると、急速に価格破壊が進み、
市場が活気付きました。

今のサイバーダインに自社製品の価格破壊をする気は無いでしょうね。
研究開発費を稼ぐ為の企業だから。