IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>874

>>ダイン以外にも、代替ロボットスーツメーカーは多数あります。
//////////////////////////////
競合企業のいくつかを列挙する:
ヒュンダイ パナソニック ホンダ トヨタ Rayaethon
Lockheed Martin Daewoo BAE Boston Dynamics
Ekso Rewalk Rex Indego RB3D SuitX
NASA サムスン GoXtudio ExoAtlet Bionik Labratories

外骨格スーツの事業においては、20以上の企業が活動している。
多くは、資金面及び人材面で(ダインより)ずっと大きい。
このことは、サイバーダインの株主にとっては、
巨大なリスクの割に期待利益が小さいことを意味している。
////////////////////////////

<上記引用元>
h ttp://www.wellinvestmentsresearch.com/ja/ホーム/
⇒[検索項目 サイバーダイン]で見えます。
サイバーダインレポート(PDF形式)より引用


外骨格スーツのメーカーは、上記の通り数が多い。
サイバーダインが万年赤字でも納得できます。

『ダインのHALは、技術が高く素晴らしい。他社とは全く違う。
一方のFDA承認をとっくに済ませた競合他社(INDEGOやReWalk)は、技術が低い』では、
妄想しすぎですよ。

市場では、『高い技術(特許・筋電センサー)の詰まった』ロボットスーツが
良いモノではなく、『売れる(消費者が受け入れる)』ロボットスーツが良いモノですよ。

それは医療・産業・軍事ロボットスーツともに同じです。