ここから本文です

>>55125

4月17日に、インテックス大阪での介護フェスで、大和ハウスの展示の中でサイバのロボットスーツが展示してありました。腰に装着して重いものを持ち上げるデモストレーションを見ました。医療用のものに関心があったのですが、介護フェスということだったのでそちらは展示してあるだけでした。

本当は介護用にしても実際に装着する時間が知りたかったのですが、既に装着している人が重いものを持ち上げるデモだけでした。

ですから、装着時間不明のままでした。見学者にも装着から体験させてみればインパクトがあったのにと、デモのやり方に少し不満でした。

ただし、見慣れてないこともあり、介護現場からの見学者の反応は今ひとつのように感じました。

むしろ介護現場の人たちは、ハンモックの様に吊って移動させるものとか、電動式車椅子に注目。未だロボットに対しての認識はこれからでしょう。
わたし個人的には医療への期待が大きいです。

疑問だったのは、明らかにサイバのロボットスーツなのに、何処にもその社名が全く見当たらなかったことです。

大和ハウスのやり方なのでしょうね。

インテックス大阪では、こうした様々な未来先取りの商品のイベントがよく開かれていますよ。時々スケジュールをチェックしてみては如何でしょうか?


良い製品があれば、その場で即商談もやっている様子です。

わたしは会場に向かう道すがら中国から買い付けにきていた会社の方の話しながら行きましたが、やはり、日本の技術力には相当な関心を持っていらっしゃいました。

過去記事で、ごめんなさい♪