ここから本文です

IJTT馬鹿経営者はじめ全役員。
日経新聞社テスト(日経テスト)を全員受験せよ!
そしてすべての役員の点数を公表せよ。特に取締役社長伊藤一彦は実名で点数の公表をせよ。

会社解散価値1528円を、こんな馬鹿な484円で市場で平気で放置しているという現状。

ここまで何もアクションを起こさないというのは、もはや経営陣の経営能力以前の、基本的な上場企業の役員としての基礎知識の欠如ではないかと考える。

これはある意味、このような人物が取締役、あるいは執行役員の立場にあるということは、金融証券取引法・会社法違反にも問えるのではないか?

過去のIJTT経営企画担当、特にIRなど執行役員レベルの担当役員は、まったく知識がないと思われる。そして株主に対して常に対応できる担当者が社内に常駐していないと思われる。

ただでさえ親子上場による少数株主に対する蔑ろ行為を維持している現在、金融庁証券取引等監視委員会への調査依頼も必要ではないかと考える。