IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

株式市況はお祭りムードですが、
景気の実態を鑑みると予断を許さない状況にあると思います。

アメリカでロックダウンが解除されましたが、飲食店の客足は(6月初めで)前年の2割に満たないとか。
小売店も芳しくない。
米はコロナ感染者が毎日2万人増の高止まりで、ワクチンも治療薬も無い状況では安心して外食や買い物はできません。

英製薬大手のアストラゼネカが9月にワクチンを大量生産するという報道もありますが、まだ治験も終わっておらず、「ワクチンに効果が無い可能性もある」とのこと。
仮に効果があったとしても、そんな急ごしらえで安全性に疑問のあるワクチンを健康な人が進んで打つかどうか。

世界各国で鎖国のように入国制限を実施し、外国人旅行者は途絶え、観光業はボロボロの状況。
景気は確実に後退局面にあると思います。
秋には第二波が襲ってくる可能性が高いという専門家も多く、今後、どんな金融の爆弾が炸裂するかも分かりません。
今の相場はあまりに楽観的過ぎる気がします。