ここから本文です

>確かJOLEDが印刷方式の有機ELを発表した時、結構前でしかも従来の方式より安く量産できると言っていた記憶があるけど・・・

机上の計算では安くなるはずなのですが、
下記の問題がクリアできず、量産のめどが立っていないと思われます。
 ①歩留まりが恐ろしく悪い(10%以下とか・・・)
 ②インクジェットヘッドの精度維持がむつかしく、設備の稼働率が低い。
 ③インクそのものの安定性が低く、製品寿命が短い。
日の目は見ないと確信します。   (#^.^#)