IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

固定費がそれなりに低減してきたことは事実です。
私の試算では来期は前年度に比べ、300億弱の営業利益押し上げ効果があります。
これは上場以降の年間営業損失とほぼ同じです。

つまり、これまでのパネル単価と数量を維持出来れば、トントンになる計算です。

しかし、チャイナ勢の追い上げもあり、それは不可能です。となれば、さらなる固定費削減が必要です。茂原の工員をあと1000名切れば、100億程度は出てくるでしょう。また、白山を簿価zeroまで減損すればよい。いま700億くらいの簿価です。

これでさらに年間150億程度営業利益が押し上がります。