ここから本文です

経費で落とせる方や富裕層はiPhone11PROseriesを買うでしょう。
実費や中間層以下の方はiPhone11液晶を買うでしょう。
世界の絶対数は中間層以下で占めていますのでiPhone11が売れるという結果が出るでしょう。
年末商戦に向かって増産指示もあるかも知れませんね。
エアーポケットの1月~6月はiPhoneSE後継機の生産で売上げ維持となるでしょう。
当期JDIの下半期に営業利益が出せないようではJDIは完璧に終わりです。
楽しみですね売り方さん。。