ここから本文です

経済合理性から考えると、再生法でいったん、3,000億の負債と8.4億株の既存株主を消滅させたほうがよい。アップルの債権1,000億は白山をカタにとるので無傷もしくは微損。機構の2,000億は全損となる。実質国民負担だ。既存株主はもうおおかた、観念してるだろう(笑)。

問題は再生するか、だ。BEPをこれ以上下げるのは至難で、さらにパネル単価は低下しよう。茂原閉鎖は当然だ。鳥取、石川、東浦はかろうじて黒だとは思う。

アップルは白山をどう処分するつもりだろう。