ここから本文です

経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)は20日、ガラス基板を使った指紋センサーの量産を始めると発表した。液晶パネルにタッチセンサーを組み込む同社の技術を応用して開発した。指紋認証で鍵を開閉するスマートドアに採用が決まっており、今後もセキュリティー分野を中心に販売拡大をめざす。
既存の指紋センサーは基板にシリコンを用いる場合が多いが、JDIは液晶パネルと同じガラス基板を採用した。住宅や自動車はスマートフォン(スマホ)向けに比べ大きなセンサーを搭載する傾向にある。ガラス基板を使うことで安価に大きなセンサーを製造できるという。センサーの駆動技術や認証アルゴリズムも新たに開発した。

JDIはブレの大きいスマホ向け液晶パネルが全社売上高に占める割合を、現状の8割から中期的に半分程度まで抑える方針だ。センサー事業の拡大に向け、透明度の高さを生かした製品や、折り曲げ可能な製品の開発も進めている。

倒産騒ぎしてた奴なんなん!!