ここから本文です

最大株主であり債権者である産革の声に耳を傾けるべき。どこよりも情報を得てどこよりも先手を打たなければならない存在。
産革はもう増資で一株も引き受ける事はしないと決めた。仕入先に50億円の株を引き受けるよう口説いても自らは一株も引き受けない。融資ならする。
FAで300、400行くのなら産革が一番最初に事態を把握できている。結果志賀さんのコメントはどうだったか?
金を借りる側の声は斜め読みで構わないが、貸した側の声は30回読むに値する。騙されたと思って30回読んでみるといい。
もし株価300、400見込んだ人間の声に聞こえたらならそれで結構と、志賀さんも満足と思う。