ここから本文です

提携が破断した場合、機構がおかわり融資&増資をするしかない。
その際、JDIの受注見通しが判断材料とされるはず。
AppleからのFA受注はその大きなファクターとなるだろう。
つまり、救済材料がひとつ増えたことになる。