ここから本文です



中小型液晶世界最大手のジャパンディスプレイ、株式の新規公開(IPO)に伴う公開価格を仮条件のレンジ(900─1100円)の下限の1株当たり900円に決定した。海外投資家の需要が予定より弱く、海外のアロケーションは予定の45%から37.5%に減り、残りが国内投資家の募集となった。