ここから本文です

>>513

あのスルガ銀行の第三者委員会であった小澤徹夫氏〜笑


  ファミリー企業向け融資を調べていた取締役等責任調査委員会(委員長・小沢徹夫弁護士)が公表した調査報告書によると、岡野一族が経営に実質的に関与したり、一定の影響力を及ぼしたりしている法人は30社以上ある。これらを実質的に動かしていたのは、光喜氏の実弟である元副社長の喜之助氏と、喜一郎氏の三男。三男にはスルガ銀の勤務経験がない。

   ファミリー企業の直近の財務諸表などによると、光喜氏や喜之助氏ら個人に対し、60億円超の貸付債権がある。ファミリー企業によるスルガ銀の借入債務は一時約1200億円に上っていたが、その後は削減に取り組み、2018年3月末時点では10社488億円になっている。


その小澤徹夫が、ここにもメスを入れる〜笑