ここから本文です

昔、ここの東莞工場に出入りしてました。
先代社長が工場の周りをジョギングしているのをよく見かけました。
中国のOEM・EMSビジネスで日系の顧客のなかではここと技研新陽だけが勝ち組でした。

中国人は常に自分の儲けになることを考えているので不正は日常茶飯事ですが、
外部に公表するということはかなりの金額なのでしょう。
まあ、江守商事みたいなことにはならないでしょうが。

現地のトップが更迭されたのは当然ですが、日本人は不正に気付かない鈍感な人間が多い。
しかし、中国人幹部も気付いていなかったのかなあ?
事件の発覚は社員の通報によるものとのことで、直接関係は無いでしょうが、
社員教育を熱心にされていたことを思い出させます。