ここから本文です

期首純資産  78億
今期予想  ▲27億
これが8月8日の第一四半期予想

価格下落による評価損
沖縄工場の減損
8月8日からの市況悪化による更なる損失見込(下期回復しない最悪パターン)

これらが考慮されると、少なくとも沖縄工場は過去に18億円と11億円の2回の設
備投資しています。

第一四半期に連結ベースで商品、仕掛品、原材料合わせて17億円あり、これらが
評価損の対象になる可能性があります。

もし、評価損と減損、通期(下半期)予想の再修正で、50億以上あれば債務超過転落です。
(あくまで連結ベースですが)

確かに財務悪化で直ぐに株価が下落するかといえば、そうとも限りませんが工場
閉鎖で減損、評価損がどれだけのダメージか理解した方が良いかと思いますよ。

監査法人と調整するのは、今後の見込によってどこまでを損として落とすかで、
財務上の毀損が変わってくるからです。
相当厳しい状況に陥っているのは確かです。