ここから本文です

まだ、皆知らない。

東京証券取引所は19日、モルガン・スタンレーMUFG証券の自己勘定による有価証券の売買を一時停止すると発表した。売買停止は7月31日から3日間。過怠金8千万円も課す。取引所が証券会社に売買停止処分を下すのは2008年以来、約9年ぶり。モルガンは16年、自己勘定部門による西武ホールディングス株の相場操縦で金融庁から処分を受けた。東証は不公正取引防止に率先して取り組むべき証券会社が、自らの利益のために不正を働いたことを問題視。重い処分を決めた。