IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

事業内容や業容が近いと思われるハマイと比較すると、PERやROEに関しては明らかにOKMが割安です(宮入も類似企業かもしれませんが、比べても意味がない会社な気がするので省きました)。利回りでは負けますがそれを踏まえてもなお評価不足と思われます。
一方、業績の面では、決算期の違いで21年12月期見通しがベースになるハマイの増収・大幅減益は、21年3月期計画までしかわからないOKMにとっての一抹の不安になっているのではないでしょうか。決算短信だけでは詳しくわかりませんが、バルブの材料(黄銅?)価格上昇が影響しているのかもしれません。

なお、空売りのモルガン・スタンレーMUFG証券をしばしば「主幹事」としている投稿が見られますが、ここの主幹事は「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」でありMSMUFGとは別の会社です。

【ハマイとOKM比較】

◎ハマイ6497 

PER36.6倍 
PBR0.55倍 
利回り2.27%
ROE1.7%
時価総額81億円
業績(21.12期E)
売上84億円(YoY+1.5%)
営業益2.5億円(YoY-49.1%)
純益2億円(YoY-47.0%)

◎OKM 6229

PER10.3倍 
PBR1.12倍 
利回り1.85%
ROE9.2%
時価総額85億円
業績(21.3期E)
売上85億円(YoY-4.0%)
営業益10.3億円(YoY +15.4%)
純益6.7億円(YoY+16.9%)