ここから本文です

京大、iPS細胞を安く増やす 培養液費用10分の1

 京都大の長谷川光一特定拠点講師らはiPS細胞や胚性幹細胞(ES細胞)を安く培養する手法を開発した。様々な細胞に育つ能力を維持したまま増殖するのに欠かせないたんぱく質を複数の化合物で置き換えた。培養液の費用を従来の10分の1程度に抑えられるという。協力企業を募り、大学などの研究用として年内にも発売する。臨床用への応用も目指す。