ここから本文です

ここからは弱小個人は入って来づらい位置かと思います。
故にここで更に上げてくるなら機関の買いだと考えます。

その場合は時価総額100億も時間の問題だでしょう。

ストロングホールド